スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第5回「金印シンポジウムin志賀島」の報告

第5回「金印シンポジウムin志賀島」を
「日本の曙 海人の活躍」を全体テーマに、

平成23年10月15日に休暇村志賀島で開催しました。


img5.jpg

第一部は「阿曇族と宗像族」
講師は志賀島の全島発掘調査を手がけた塩屋勝利氏


第二部は「古代海人族と金印」
講師は同志社大学名誉教授の森浩一氏

 ①金印の蛇紐の持つ意味
 ②印面の5文字の意味
 ③魏志倭人伝の読み方
 ④阿曇族の動向など古代海人族の活躍

などを語っていただきました。


第三部は「森先生を囲んでフリートーキング」でした。

夜は、高島福岡市長にもご出席いただいて交流会を催し、
盛大に終えることが出来ました。


-----------------------

次回開催のお知らせから報告など、
情報を発信していきますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

また、当日、ご参加いただいた方、
ご協力頂いた皆様、誠にありがとうございました。
志賀島シンポジウム関連情報 | 2011/12/22 11:43

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。