スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第7回金印シンポジウムin志賀島開催

第7回金印シンポジウムin志賀島が
志賀島と奴国をテーマに、休暇村 志賀島で、10月19日、土曜日に開催されました。

先ず開会式の後、金印研究の第一人者の大谷光男の記念講演がありました。
『金印の謎』を追って60年と題して150名の聴衆を集めました。
その後、金印と阿曇族、古代志賀島の地政学的検討、質疑応答と続きました。
そして、盛会にシンポジウムは終了しましまた。
また、夜は講師を囲んでの交流パーティーが、華やかに地元の金印太鼓の激しい音と共にスタートしました。
何と言っても、今回のシンポジウムは2000年前の本物の金印、平阿侯印が圧巻でした。これは、東京在住の佐野社長のご好意により、展示できました。
2000年の歴史を感じることができました。
多くの皆さんのご協力により、成功裏にシンポジウムが行うことができました。主催者として感謝申し上げます。
志賀島シンポジウム関連情報 | 2013/10/24 15:41

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。