スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第7回金印シンポジウムin志賀島開催

第7回金印シンポジウムin志賀島が
志賀島と奴国をテーマに、休暇村 志賀島で、10月19日、土曜日に開催されました。

先ず開会式の後、金印研究の第一人者の大谷光男の記念講演がありました。
『金印の謎』を追って60年と題して150名の聴衆を集めました。
その後、金印と阿曇族、古代志賀島の地政学的検討、質疑応答と続きました。
そして、盛会にシンポジウムは終了しましまた。
また、夜は講師を囲んでの交流パーティーが、華やかに地元の金印太鼓の激しい音と共にスタートしました。
何と言っても、今回のシンポジウムは2000年前の本物の金印、平阿侯印が圧巻でした。これは、東京在住の佐野社長のご好意により、展示できました。
2000年の歴史を感じることができました。
多くの皆さんのご協力により、成功裏にシンポジウムが行うことができました。主催者として感謝申し上げます。
スポンサーサイト
志賀島シンポジウム関連情報 | 2013/10/24 15:41

第七回金印シンポジウムin志賀島開催


第七回金印シンポジウムin志賀島開催
開催日 平成25年10月19日
場所 休暇村 志賀島 092-603-6631
会場までJR西戸崎駅、志賀島渡船場からシャトルバスを手配予定
入場料2000円、定員150名

特別展示 平阿侯印 中国、前漢末の金印

全体テーマ「志賀島と奴国」

10時 開会式
第一部 金印の謎 10:30~12:00

記念公演 金印の謎を追って60年
二松学舎大学名誉教授 大谷光男氏

知られざる金印「平阿侯印」
佐野豊進氏

第二部 金印と阿曇族 13:00~15:00

「奴国発掘114年」
春日市奴国の丘歴史資料館 井上義也氏

「阿曇族と太宰府天満宮」
太宰府天満宮 総務統括部長兼文化研究所主幹 味酒安則氏

古代「猿投焼」見つかる
志賀島歴史研究会 岡本顕實氏

第三部 綜合討論 古代志賀島の地政学的検討

大谷、佐野、井上、味酒、古賀、各氏による討論

第四部 交流パーティー 18:00~20:30
会費3000円

以上の予定で開催いたします。お楽しみに。
志賀島シンポジウム関連情報 | 2013/08/19 17:20

天下の珍宝、金印「平阿候印」



今秋の10月19日に、志賀島のシンポジウムに、金印「平阿候印」へいあこういん、が特別公開予定です。

この金印の所有者の佐野豊進さんを、7月19日に東京に訪ね、実物を手に触れることができました。
感想は、想像したより重く、手にズシッときました。2000年前の金印、存在感がありました。
志賀島から出た金印は国宝で触れる事さえできませんが、、、
この本物の金印が志賀島にやってきます。
是非、楽しみにシンポジウムにお越しください。詳細は後日、発表いたします。
平阿候印とは?
中国の前漢末~新の時代、つまり紀元前後に「平阿候」なる諸侯に下賜されたものらしい。平阿候は「王譚」と思われる。(大谷光男先生)
志賀島から出土した印は、西暦57年に下賜されたと言われますので、大変近い時代に作られと考えられます。(半世紀位)
志賀島シンポジウム関連情報 | 2013/08/08 16:17

「金印物語」みつみ公演

平成25年6月14日、東区西戸崎のみつみ介護老人保健施設で紙芝居「金印物語」の第二回目の公演を行ないました。
70~80名のお年寄りの方々に、地元の歴史、金印発掘の物語を紙芝居で公演し、大変喜んでいただきました。
会場には、会員の知り合いの方や親戚の人が多数居らっしゃいました。
また、今回は単なる公演をしたというだけでない、出会いと懐かしい人との再開の場でも有りました。
私も小学校の恩師の淵脇先生にお会いする事ができました。懐かしく、嬉しくもありました。
皆さん、お元気で過ごして下さいという「感謝」の時間でした。
志賀島シンポジウム関連情報 | 2013/06/18 09:26

第6回 金印シンポジウム開催される

平成24年10月20日に、
「第6回金印シンポジウムIN 志賀島」が、
志賀島の金印と海人族をテーマに開催されました。
123.jpg

また、前日には「あづみ・しかネット全国集会」を開催し、
阿曇族ゆかりの地の皆さんが、遠い先祖の故郷である
福岡に集まりました。

翌日のシンポジウムでは、
早朝から会場は満席になりました。
ご来場のみなさま、誠にありがとうございました。
456.jpg

会場では、先ず高島福岡市市長にご挨拶をいただき、
西谷正先生の基調講演や、阿曇族の全国の伝承と足跡をテーマにした
パネルディスカッションなどを行ないました。
789.jpg

そして、盛況のうちに無事終えることができました。
今後も、この活動を通して歴史を紡いでいきたいと思います。
今回も、この会に携わって頂きました多くの方に、
この場をお借りして、心より感謝申し上げます。

志賀島シンポジウム関連情報 | 2012/10/24 15:38
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。